COCOROを大切にするWORKをします

ICHIRO YAGUCHI

  • HOME »
  • ICHIRO YAGUCHI

音楽家 矢口壹琅

 

バークリー音楽大学ジャズ作曲科卒業

ソニー・プレイステーションゲーム音楽作曲

元学校法人東放学園専門学校東放ミュージックカレッジ音楽理論講師

プライエイド・レコーズ(ユニバーサルミュージック)よりCDメジャーデビュー。フジロックフェスティバルに2年連続出場。
内田裕也presents New Years World Rock Festival出演。

李世福(松田優作作詞「灰色の街」の作曲者でありチャイニーズロックの第一人者)、エディ藩(ザ・ゴールデン・カップスのギタリストで「横浜ホンキートンクブルース」の作曲者である横浜を代表するブルースメン)、中村裕介(「横浜市歌ブルースバージョン」の作曲者であり横浜を代表するブルースギタリスト&歌手)、内海利勝(元キャロルのギタリスト)、和田静男(元ダウン・タウン・ブギウギバンドのギタリスト)、ジョニー吉長(ジョニー・ルイス&チャーなどで活躍のドラマー)、クールス、花岡憲二(憂歌団のベーシストであり作曲家)、近藤房之助KOTEZ小川浩史(CREATIONのベース)、相良宗男、川勝陽一、市川ジェームス洋二(ストリートスライダーズ)、ダイヤモンド☆ユカイ(レッドウォリアーズ)、野島健太郎ら、日本を代表するブルース&ロックミュージシャン達と次々に共演している。

ハヤブサ、リッキー・フジ、コマンド・ボリショイ、らと『シンガーソングレスラーズ』としてライブで共演。

ハワイアンオールスターズで10年毎年、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでライブを行っている。

2017年には自社にてCOCORO-LABELを立ち上げ、まちと人に愛を届ける楽曲制作に注力。

プロレスラー 矢口壹琅 ▶︎ 雷神矢口

バークリー音楽大学ジャズ作曲科を卒業後、帰国Sony Playstationのゲームソフト音楽を作曲をしていた。
体格に恵まれていた矢口は、師アニマル浜口氏の浜口ジムからサンボワールドカップ大会に出場、上位入賞し、プロレス界からスカウトがきて後楽園ホールで華々しくデビュー。
神格闘十字軍の教祖として谷津嘉章と抗争、ワンマンギャングとの名タッグで暴れ回り、数々のインディーマットの活性化を実現。

インディーの祖、カリスマ大仁田厚との有刺鉄線電流爆破マッチを軸とする数々のデスマッチで『邪道』を伝授。

アフガニスタンでも闘った。その何ごとにも体当たりで挑戦し続ける体をはった肉体には、全身188針縫う傷を持ち、また半年間で3団体8回もの電流爆破マッチを闘うという世界記録保持者でもある。

後にメジャーの象徴である長州力との対決に至る。念願の長州力とのシングルマッチまで辿り着いた矢口は、天龍源一郎・佐々木健介・越中詩郎・大森隆男・安生洋二・ロードウォリアーズ・ビッグバンベイダーらと、メインイベンターとして激しい闘いをリング上で展開。長州力にその実力を認められリキプロに所属。

破天荒なパワーファイトとヒールファイトで相手を容赦なく破壊していくファイトは日本人離れしている。現在は音楽に力を入れるため大きなものに縛られるのを拒み脱退しフリーとなる。そしてフリーとして様々なリングに上がりながら激しい闘いを展開中。大仁田厚からスリーカウントを奪いFMW世界ストリートファイトチャンピオンとなる。

2015年8月リングネームを「雷神⚡矢口」へ改名。

俳優活動

テレビ

映画

舞台

CM

その他

 

Copyright © COCORO-WORKS INC. All Rights Reserved.